youtubeも最近リアルタイム感がないが、ブログはもっとない

最近はよくyoutubeを見るのだが

「これちょっと前に撮った動画だろうな」みたいな動画をよく観る。

 

 

ヒカキンは

自宅兼スタジオで動画撮影しアップされている動画が多い。

毎日投稿しているのでいつアップしてもいいように工夫がされているが

リアルタイム感をあまり感じない。

 

ヒカルは

企業案件や店長との絡みが多く、リアルタイム感を感じれる動画が多くある。

だが明らかにこれ前に撮った動画のときもしばしばある。

 

何が言いたいのかというと

「リアルタイムでつながっている感覚が欲しい」のだ。

 

それに比べシバターはチャンネル登録こそしてないものの(本人も動画で言及している)

最近だと「松居一代風の動画」や「漢 a.k.a. GAMIについて言及した動画」など話題性のあるものの動画が多い。(乗っかっているだけという見方もあるが…)

 

先程述べたリアルタイムでつながっている度で言えば

シバター>ヒカル>ヒカキン なのだろう。

 

前置きが長くなってしまったが

yotubeには動画というメディアの特性上

リアルタイム感が感じられるのだが

検索エンジンで見つけるブログにはそれが感じられない。

 

なぜかというと、

  • テキスト主体の記事投稿型である
  • 有益な記事でないと、検索上位表示が難しい
  • そもそも検索ユーザーはリアルタイム感を求めていない

 

これもブログという特性と言ってしまえばそれまでだが

検索するすべての人に有益な情報を表示させているGoogleの影響も大きい。

 

もちろん、検索時の設定で最近投稿された記事だけに絞ることは可能だが

それでもなかなか思うようなブログには出会えない。

 

よくシャドウバースの事について検索するが

上位に上がってくるのは、GameWithやGame8などの企業が運営しているサイトやまとめブログなどである。

そこには載っていないような個人でないと気づかないような情報などの記事は出てこないし、そもそも書いている人もいないという現実だ。

 

確かに140字以内で済む内容であればTwitterで済むし

動画で済む内容であればyoutubeで事足りる。

 

だがブログでそういった情報を読みたいというニーズはあると思うので

積極的に発信できるといいなと思う。

 

特にオチはないが、そういうニッチなブログを知っていたら教えて欲しい。